目のくまと病気

目の下のくまといえば、
疲労や、睡眠不足によって生じるもの、
というのが一般的なイメージ。


目のくまができてしまった場合、
ほとんどの人はメイクやマッサージ、
サプリメントの摂取など、さまざまな方法で
目のくまを改善する努力をすることになります。


しかし、疲労や睡眠不足、ストレスといった
一般的な原因で生じるのとは異なる目のくまがあります。


それは病気によるものです。


なんらかの病気が進行している症状として
目のくまが生じることがあるのです。


病気による目のくまとして代表的なものとしては
糖尿.病、腎臓病、肝臓病に
甲状腺機能亢進症といったものがあげられます。


これらの病気は放置しておくと
深刻な事態になる恐れもあります。


また、アトピー性皮膚炎も
目のくまをもたらす病気として知られています。


血行不良や代謝機能の低下といった原因で生じる
一般的な目のくまと
これら病気による目のくまとの違いは、
後者の場合は目のくまのほかにも
体調不良などの症状が同時に起こるということでしょう。


とはいえ、前者の場合、
疲労やストレスが蓄積している場合、
同じように体調不良や食欲不振などが伴うことが多いので
判断が難しいところでもあります。


目のくまは外見上の問題としては深刻だけれども、
健康上の問題としては
それほど深刻に捉えられていないことが
多いと思われます。


しかし、そのせいで
病気のサインを見逃すようなことがあっては
大変なことになりかねません。


目のくまとあわせて体調が思わしくない場合、
あるいはさまざまな目のくま対策を行っても
なかなか改善されない場合は、
一度医師の診察を受けてみる必要があるでしょう。


たかが目のくま、などと油断しないことが重要です。

スポンサード リンク